大切な愛犬の見送り方、ペット火葬、死亡届の手続きまで|事前に考えておきたいこととは?

ペットのこと
スポンサーリンク

大切な愛犬を、いつかは見送らなければいけません。

今、愛犬がそばにいてくれる日常の時間の中でも、考えておくべきことがいくつかあります。

「愛犬の死期が近くなったとき、どこまで治療をしていくのか。」

「亡くなった愛犬を、どのようなかたちで供養をするのか。」

「法律上では、どんな手続きが必要なのか。」

後悔なく見送るためにも、愛犬が元気な時から、色々な選択肢を知り、何が愛犬と家族にとって良いのかを考え、事前に決めておくことが大切です。

今回は、大切な愛犬を見送るために考えておきたいことを、ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

死期の迎え方

犬にもそれぞれ寿命があります。

犬種特有の病気や、生まれつきの病気。人間と同じように様々な病気と治療方法があります。

10歳を過ぎてからの病気は寿命だ、と考えるのか。

病気がわかった時に、可能な限り治療をするのか。

高額な治療費でも、先進医療をおこなうのか。

毎年、MRIなどの検査をしていくのか。手術をするのか。薬を飲ませ続けるのか。

どんな選択にも正解がないため、何が良いのか、どこまでやるのか、

愛犬の気持ちを代弁できるのは飼い主しかいないため、

状況だけに流されず、事前にしっかりと考えておくことが大切です。

スポンサーリンク

火葬施設や供養の方法を事前に決めておく

愛犬が亡くなった後、自己の私有地に埋葬することは違法ではありませんが、

私有地以外で土に埋めたり、川に流したりすることや、自宅で火葬することは、法律(動物愛護法、廃棄物処理法(野焼きの禁止)、軽犯罪法)などで禁止されています。

愛犬の死後は、火葬が一般的で、

⚫︎行政が行なっている火葬【清掃局での一般廃棄物としての焼却と、ペット専用火葬場での火葬】※地域によって異なります。

⚫︎ペット霊園での火葬

⚫︎移動火葬車での火葬

火葬の種類は、立会い火葬や個別火葬、合同火葬などがあります。

火葬後は、遺骨を納骨堂へ納骨するのか、墓地や霊園に埋葬するのか、自宅に持ち帰って手元においておくのかなども考え、合同火葬では返骨してもらうことができないため、どのように火葬を行うのかを、たくさんの選択肢の中から決めておく必要があります。

火葬する際の箱などのサイズの規格や、中に一緒に入れてはいけないもの(燃やした時に有害になるようなプラスチック製のものなど)なども事前に確認し、

愛犬を見送る時に、どこに火葬施設があって、どんな方法があって、いくら必要で、どうやって持参すれば良いのか、首輪など一緒に入れてはいけないものはないかなど、できるだけ細かく調べておくことが大切です。

お通夜を行う予定の場合には、ドライアイスや保冷剤などの確保も必要です。

スポンサーリンク

見送る準備

「少しでも長く生きていてほしい」という思いと、

「もう頑張らなくて大丈夫だよ」という思いが交錯して、

息を引き取った愛犬の姿を見ると、本当に辛いものです。

しかし、現実的には、死後硬直も始まってしまうため、

火葬する場合は、規定の箱に納まるように、からだを整えてあげたりと、冷静な対応が必要になります。

その時に、何をやればよいのか、心の準備をしておくことが大切です。

市町村への届出

狂犬病予防法では、犬が死亡した時は、30日以内に市町村長に届出をすることが定められています。

関連記事⇒ あまり知られていない!?【狂犬病予防法】を、わかりやすく解説!

手続きの際には、犬の死亡届に記入をし、

鑑札と注射済票を持参し、手数料は無料です。

(鑑札や狂犬病予防注射済票を紛失し、手元にない場合は、その旨を伝えます。)

それぞれの自治体のホームページなどで、ペットが死亡したときの取り扱いについての詳細が確認できます。

最後に

たくさんの楽しい日々が続いても、最後の時間は心に強く残ります。

愛犬との最後の過ごし方には正解がないため、後悔だけがあとに残ることがないよう、どんな選択肢があるのかを見極め、法律上守るべきことを知り、愛犬との大切な時間を過ごして頂くために、

少しでも参考にして頂けたら幸いです。

関連記事⇒ 『動物愛護法』とは?動物の愛護及び管理に関する法律をわかりやすく解説!

⇒ 動物行動学者コンラート・ローレンツ『人イヌにあう』の、あらすじと感想

タイトルとURLをコピーしました